イベント屋「前ちゃん」のネタ帳!

客を集めてナンボのシビアな世界で、 年間200本の現場をこなし続ける イベント屋「前ちゃん」企画・商材の紹介。 時々、アテント(現場)日記。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
ケータリングに挑戦!
ケータリングに挑戦!

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

  
【第8回 宝塚スプリングフェスタ】


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

20070404204022.jpg
(新聞の折込チラシより)

【花の都は東京だけれど・・・】

3月24日(土)・25日(日)の2日間、宝塚はまさに花の都になる。

主催:宝塚スプリングフェスタ実行委員会
後援:宝塚市・宝塚商工会議所・宝塚市商店連合会

↓詳細↓

(右クリック新しいウィンドウで開いて)
http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/index.asp?PTN=ofc&OOM=2&ofcd=01070306000000&regid=1119


このお祭りのコンセプトは、

「花を街づくりの中心に据え、まちを挙げて、
春の到来を喜び、花と音楽と踊りで、まちが溢れる2日間!」


というもの。


「さすが
麗しの宝塚。考えることが美しい。私が住んでいる
天六のオバチャン達に、このイベントの趣旨を伝えても
決して理解できないだろう。。。」

余談はさておき、
当然イベントも目白押しで、

●だんじり曳行●チアリーディング(宝塚東高校)●なりきり変身館
●千吉おどり●ラムネ早飲み大会●格闘技演舞●キッズダンス

など“65”もの催しが行われる壮大なもの。

「2日間で65もイベント?うそでしょ?」

いやいやホントなんです。

1.宝塚北地区(JR宝塚駅近辺)
2.宝塚駅地区(阪急宝塚駅近辺)
3.宝塚南口駅地区(阪急宝塚南口駅近辺)

20070327194831.jpg

上記の★印がメインの3会場。1ブロックにつき20ほどのイベントが
行われるというワケ。

「その大きな大きな「スプリングフェスティバル」に
前ちゃんは、どんなイベントをいれたの?」

「よくぞ聞いて下さった。ココからは聞くも涙、語るも涙。
心して聞かれよ。」

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

━┛━┛━┛━┛━┛


今回の依頼主さんは、阪急宝塚駅から宝塚大劇場へのびる
一本道沿いにある「花のみちセルカ商店会さま」。

20070327210031.jpg 20070327210205.jpg
    (花のみちセルカ)             (威風堂々。宝塚大劇場)


上の地図の中心部の黒い矢印が所在地。

・・・・でキッチリ印の
イベントエリアから外れているのであった。

依頼の内容は、

せっかくのまちを挙げてのお祭りなので
セルカ商店会としても何かやりたい・・・。
でもメイン会場でやってるような大きなものはスペース
も無いし出来ない。
出来るだけ低予算で皆が喜べるものを・・・。
予算は2日で10万ほどで・・・。


この電話を受けたのがなんと3日前の21日の昼過ぎ。
大急ぎでブッキング(出演交渉)に入る。

「何にしようか。。。思案六歩」

歌手・バンド・漫才・バルーンショー・ジャグリング・ダンス・似顔絵・・・。

思い浮かんでは消えていくネタの数々。

時間が無い。予算が無い。ナイナイシックスティーンである。(;_;)

パフォーマー達も3月最後の週末だけあって
なかなかスケジュールが合わない。

翌日の22日になってやっと一名「ジャグラー」を確保。
ステージ無しの大道芸スタイルにジャグリングはうってつけ。
音響は簡易PAをサービスで用意して、赤いパンチ(絨毯みたいなもの)
も用意してっと。

でも次の日のネタが決まらない。

「もう少し、予算上げてもらおうかな?いや、やっぱりそれは無理やな。」

今回の話は実施を前提の依頼なので、NGになることは無い。
だが、このままではヤバイ。穴があいてしまう。

あれこれ雑務をしながらふっと、天気がきになった。

週間天気予報を調べて驚いた。

“23日の金曜日までは全国的に快晴。
だが週末は天気が崩れてまとまった雨のもよう”

「は?」

「そんな殺生な。まとまった雨のもようってどんな模様や?
ペイズリーみたいなやつか?いっぺん見てみたいわ。」

ここは一休さんばりに「母上さまぁ~♪」と歌いながら
テルテル坊主を作って、自分自身のメンタルパワー(気合い)
に訴えかけてみるか・・・。

581px-Teruterubouzu.jpg
(ウィキペディアより)


イヤよそう。

そんなことをすれば未曾有の嵐を呼び込んでしまうだろう。

昔からそうだった。俺はココ一番で・・・。

愚痴っても仕方が無い。会場には屋根など無いのである。
簡易テントという手もあるが、今回はバツ。

「雨が降るのが分かってて冒険はできない。」(ToT)

「どうする?どうする?ど・お・す・るぅ~、君ならどうするぅ~♪」

どこかで聞いたメロディーが頭の中を流れている。
確かNHKの教育チャンネルだったか。。。

自分でもくどいと思ったがもう一度、天気予報を調べてみる。

「もしかしたら、日を間違えたとか、兵庫県じゃなく、隣の鳥取の
天気を見ていた可能性もある!
」←(無いけど。)

クリックする指にも力がこもる。
天気予報のサイトを開き、該当地域の情報を読み込んでいる。

表示される一瞬手前で気合の声を出す。

「うぉらっ!!」

weathermap00_20070324.jpg

将棋の駒のように並んだ低気圧は見事に前回と同じ。

・・・“気圧の谷”の影響で・・・まとまった雨が・・・
・・・気温は7℃・・・の見込み。

「気圧ののヤツ、ホンマいらん事しやがって・・・」

この時点で、動きのあるモノをあきらめざるえなかった。

要点をまとめる。

●まとまった雨が降る。●気温が下がり、寒くなる。
●野外で屋根が無い。●予算一日5万。●時間の猶予は一日。

お得意さんだけに

安かろう、悪かろうは避けたいし、雨のせいや
時間が無いという逃げ口上は避けたい。」

気づくと背中にジットリと嫌な汗をかいていた、
本番2日前だった。

⇒ 続きを読む
スポンサーサイト
[アテント日記]それ行け中華マン! | トラックバック(0) | コメント(3) |permalink
| home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。